2018年09月13日

NEOGEO mini

https://www.snk-corp.co.jp/neogeomini/



 これは買うてまうやろー。

 NEOGEO Xも良かったですが、こちらはMVS筐体を模しているのがイイ!
 上の動画はNEOGEOデザイナーさんのお話しがとても興味深かったです。

18091201.jpg

 ポチッて待つこと1ヶ月で到着。
 箱の時点でワクワクがヤバい。

18091202.jpg

 ヤバい。懐かし過ぎる・・・。
 小学生の頃、近所の町の電気屋さんの屋外に設置してあったこれにどれだけ夢中になったことか・・・。冬に背中に雪を積もらせながらゲームに興じる姿を、僕がいつまで経っても家に帰って来なくて心配で探しに来た父は今でも忘れられないと言っています(笑)

18091203.jpg

 ちょっと心配だったのがシール貼り。
 綺麗に貼れへんとショックやろなぁ・・・。

18091204.jpg18091205.jpg

 よっしゃ!うまく貼れました!
 まぁざっとこんなもんや。(ロバート風)

18091206.jpg

 給電はUSB Type-C。
 スマホ用に使っているモバイルバッテリーが使えました。

18091207.jpg

 嗚呼、このミニゲーセン感がたまらない・・・。
 画面も音もクリアで大満足です。
 やっぱりNEOGEOゲーはスティックに限る。

 とはいえ、本格的なスティックと比べると小さくておもちゃっぽく(おもちゃですが(笑))、つまみ持ち派の僕はまだ何とかなりそうですが、棒の部分を指で挟む系のワイン持ちやウメハラ持ちの人はそのままではまともに持てないですね。



 とりあえず天覇封神斬が出せてホッとしました。
 本格的なスティックと比べると意図した入力が伝わり辛い感はありますが、高度なコンボとかは別として、気軽に楽しむ分には十分なデキです。



 こちらはブレイクスパイラル
 元々難しめの技ですが、このスティックのせいもあってか、かなり決め辛いです・・・。
 本格スティックでも人生で1回しか出せたことがない立ちブレイクは、まぁ無理ですね(汗)

 こういう激しい入力をすると、本体ごと動いてしまいがちなのがちょっとツラいですね^^;

 と思ってたら、公式ショップに滑り止めになるラバーコースターが!
 飾りとしても素敵です。

18091208.png

 他のグッズと併せてポチりました。
 長年共に格ゲーを楽しんできた地元の親友と遊ぶためにパッドも購入。
 SNKさん、本格スティックの周辺機器も出してください。頼んます!

 いやぁ、ホント良い商品です。
 寝る前にちょっとだけプレイするつもりが、ついついのめり込んで長くなってしまいます。
 長いことゲームから離れていますし、ガッツリと時間を取ることもなかなかできないんですが、NEOGEO miniはゲームを楽しむ束の間のひとときを与えてくれます。
posted by こうじ at 00:06 | ゲーム

2018年08月20日

夏の甲子園 近江 準々決勝で敗れる

18082001.jpg

 我らが滋賀代表、名門近江高校がベスト4進出をかけて金足農業高校と対戦しましたが、まさかの逆転サヨナラツーランスクイズ・・・。

18082002.jpg

 呆然とする2年生ピッチャーの林くん・・・。これまで好投を続けてきましたが・・・。
 僕も呆然でした・・・。ワールドカップのベルギー戦のときと同様の虚無感、再び・・・。

 今大会は第100回の記念すべき大会。選手宣誓を滋賀代表が行うことになりビックリ!中尾主将の立派な宣誓に感動しました!
 試合のほうも順調に勝ち進みベスト8に!この記念すべき大会で、滋賀県勢悲願の甲子園初優勝を否が応にも期待することとなりました。

 最後のプレーは、サードがファーストへの送球時、ボールの持ち直しのためか2ステップしており、これが1ステップだったら本塁で2人目のランナーをアウトにできていたと思います。そうなれば2アウトですし同点で食い止められる可能性が高まりました。もしかしてファーストがベースに入るのを待ったのかな?だとしたらしゃーない!
 捕球後に振り向いて2人目のランナーを牽制しておけば制止できたか、場合によっては挟殺にもっていけたかな、とも思いましたが、いずれにせよ1アウト2・3塁となり、かなり苦しい状況は変わらず。2人目のランナーはこのリスクの小ささも判断していたのかも。バッターのスクイズバントが上手かったこともありますし、相手が一枚上手だったということでしょうね。
 とはいえ、ああいった極限的な状況で全力を尽くしたという経験は何事にも代えがたい貴重なものですし、胸を張ってほしいです!

 相手ピッチャーの吉田は速球が注目されていますし確かに凄いんですが、的確なバント処理や、バントフライがインフィールドフライにならない&打者が走塁を怠っている状況から、わざと捕球せずにゲッツーを獲るなどフィールディングに隙がありませんし、こういったプレーを見てても野球を楽しんでる気持ちが伝わってきます。
 金足農業も県勢(東北勢)初優勝がかかっていますし、近江の分までがんばってほしいです。
 しかし、公立高校で全選手が地元出身とは・・・。大阪桐蔭とは対照的なチームで、決勝で当たったら面白いですね。

 近江は2年生バッテリーで、ショートに至ってはなんと1年生!あの近江で1年でレギュラーとかハンパないって!たしかに素晴らしいプレーでした。来年以降も楽しみですね。

18082003.jpg

 最後は笑わせてくれました(笑)
 それでこそ滋賀代表や(笑)

 こんなに真剣に野球を観戦したのはいつ以来か分からないくらいです。
 素晴らしい試合をありがとう!
posted by こうじ at 00:13 | スポーツ

2018年07月24日

ロシアW杯終了

 ロシアW杯が終了しましたね。
 W杯はサッカーに興味を持ち始めた2010年頃から観てきましたが、今大会は最も多くの試合を観戦した大会でした。深夜の試合が多かったにも関わらず、です。それは同郷の乾が出場していたこともありますが、海外の選手への関心が強くなったことが大きいです。
 きっかけは昨年テレビで気まぐれに観戦したクラブW杯で、優勝したレアル・マドリードのモドリッチが、素人目に見ても上手いなぁと感心し、海外の選手への興味が強くなりました。いつもお世話になっている美容師さんがサッカーに詳しくて(野球、プロレス等々何でも詳しい!)話を聞くと、やはりヨーロッパはレベルが違うとのこと。
 そのきっかけとなったモドリッチが大活躍したほか、日本も喰らったベルギーの超高速カウンター等、期待通り見応えのある大会となりました。

 そしてもう一つ、今大会で素晴らしかったのがオープニング映像!



 美しいCGでロシアやこれまでのW杯の歴史が感じられる内容となっています。

 何が素晴らしいって、宇宙開発の偉業へのリスペクトが感じられるシーンがあること!

18072401.jpg18072402.jpg

 こちらはスプートニク1号。
 光輝くボディの反射や、後方に発せられるキラキラが美しい・・・。フォーカスインの演出も素敵です。

18072403.jpg

 こちらはR-7と思しきロケット。
 宇宙開発黎明期に数々の輝かしい偉業を達成し、現在でも国際的な宇宙開発において退役したスペースシャトルの穴を埋めるなど、長期に渡り宇宙開発を支えてきた、ロシアが誇る名機です。

 音楽も、それ自体が良い上に、映像ともよく合っていてイイなぁと思ってたら、作曲したのはなんと僕が大好きなハンス・ジマーと知ってビックリ!これまで何度も書いてきてますが、宇宙開発とこの人の感動的な音楽は、やはり切っても切れないです。「Science and Religion」に感じる感動は年を追うごとに増していて、最近はもう聴くだけで嗚咽が漏れるレベルです・・・。単純な善悪論では語れない、人類の凄まじい意志の力をひしひしと感じる。そんな曲です。僕が所有する4530曲の中でダントツで頂点に位置する名曲です。



 最近見つけた、このアレンジも感動的です・・・!

 今回のオープニング映像の曲「Living Football」も希望に満ち溢れていて素晴らしいです。iTunesで購入したフルバージョンを最近ずっと聴いています。

18072404.jpg

 過去の大会の選手の映像が映し出されるダイヤモンド。
 カシージャスの嬉しそうな様子がお気に入りです。2010年大会で優勝したときの様子ですが、次の大会で大量失点で惨敗してしまいましたから、なんか救われるなと(笑)

18072405.jpg

 様々な面で楽しませてくれたロシアW杯は印象深い大会となりました。
posted by こうじ at 01:41 | スポーツ

2018年07月03日

乾のスーパーゴールも初のベスト8ならず・・・!

18070301.jpg18070302.jpg

18070303.jpg18070304.jpg

 うぉぉおおおおおおおおお!!!!!!!
 乾ぃぃいいいいいいいい!!!!!!!
 ゴラッソォォオオオオオオ!!!!!!!

 なんというミドル・・・!しかも世界最高クラスのゴールキーパーであるクルトワの指にもかからず・・・!まさにワールドクラス!
 「今大会で最も偉大なゴール」との声もあり、「高校サッカー史上最も美しいゴール」の演出のみならず、今度はW杯で自身が素晴らしいゴールを決めました!

 僕にとって小さい頃から馴染みある野洲高校のグランドでひたすらにボールを蹴っていた少年が、世界の大舞台で活躍するなんて、すごく誇らしいです!

 これまで強豪相手に善戦してきた日本代表ですが、さすがにベルギーには勝てないだろうと思ってましたし、せめて乾のゴールが見れたら・・・!と思い、深夜に起きて生で観戦してたんですが、原口のこれまた素晴らしいゴール(柴崎のパスも神!)と乾のスーパーゴールで一気に2-0に・・・!ベルギー相手なので、これでも安心はできませんでしたが、「もしかしたら・・・」と夢を見ることが許されるところまで行ったことに大興奮・・・!
 最後は圧倒的な攻撃力の前に逆転負け・・・。結局は力の差が出たかたちですが、もし0-3とかで負けたんだったら「いや〜、やっぱり強かったね」と簡単に飲み込めそうですが、一時大きくリードしただけに複雑な気持ちになりました。選手は本当に悔しかったでしょうし、乾もすごく泣いてました。僕も最初は呆然でしたが、後になってだんだんと込み上げてきました。
 数々の素晴らしいゲームをありがとうです。

18070305.jpg

 先日、実家に帰ったんですが、野洲高にはやはり乾の垂れ幕が。

 乾は年齢的にこれが最後の、そして唯一のW杯となったかもしれませんが、一度のチャンスを最大限に活かして輝けるって最高にカッコイイです。自分もがんばろう、って思えましたし、元気をくれてホント感謝です。
 今後もクラブでの活躍を期待してます!お疲れ様でした!
posted by こうじ at 20:37 | スポーツ

2018年06月28日

乾がW杯ゴール!!

 同郷の乾がついにやりました!!

18062801.jpg18062802.jpg

18062803.jpg18062804.jpg

 野洲から世界へ!
 テレビで解説していた城さんの「これが野洲のテクニックだ!」もナイスでした!

 桐生の9秒台に、乾のW杯ゴールにと、滋賀半端ないって!(笑)
posted by こうじ at 01:45 | スポーツ

2018年06月03日

OVER DRIVE



 レースもので面白そうだったので観に行きました。

 レースものということで例に漏れずドライバーに焦点が当たるのですが、本作の場合は特にラリーということで、ダメージを受けた車を修理したり、わずかな性能向上がレース全体のタイムに大きく影響してくるなどの特徴から、メカニック側にも焦点が当てられています。ラリーのことはよく知らないので色々と新鮮でした。
 それにしても、あんな狭い悪走路をよくあんな速度でぶっ飛ばすなぁ・・・。綺麗に曲がれるのがまた凄い。

 最後の方はめちゃくちゃ熱い展開で涙腺崩壊・・・!劇場出てからも思い出してまた泣きそうになりました・・・。
 色々と悩みがありながらも、限界を恐れず全力でやる!・・・いいですよね。
 燃えてきたわ・・・!


 あ、帰りはちゃんと安全運転でしたよ(笑)
posted by こうじ at 16:25 | 映像作品

2018年05月23日

ゴールデングランプリ陸上

18052301.jpg

 今年のゴールデングランプリは近くの長居だったので観に行きました。

18052303.jpg

 今回はテーブル席のチケットを取りました。
 普通のゾーン指定席だと、席が取りづらいことがあります(参考:昨年の日本選手権)が、テーブル席は指定席なので取られる心配がありません。過去にも販売していたのかは知らないのですが、今回この席の販売に気付き、こりゃいいやと思って購入しました。

18052304.jpg

 一般客が取れるなかで一番ゴール側の列を取りました。これより右手側にもテーブル席がありますが、報道関係者専用です。テレビでよく見かける方とかが普通に座ってました。
 テーブルがあるので、ゆったりと食事しながら観戦もできます。

18052302.jpg

 屋根もあるので雨の日も安心。

18052306.jpg18052305.jpg

 基本的には報道関係者向けの席なので、報道のための設備が充実しています。

18052307.jpg

 端のほうにあるスイッチは照明です。
 これらを活用することはありませんが、とにかくゆったりと観戦することができるので最高です。今後の観戦もできるだけテーブル席を取りたいです。

18052308.jpg

 試合のほう、まず注目は男子200m。マクワラが、日本ではなかなか見れない19秒台で勝利!生で19秒台見たの、たぶん初めてです。そしてマクワラがゴール後にする腕立ても生で見れて良かったです(笑)
 マクワラが強いのは当然として、恐るべしは中国の謝震業。日本勢を引き離し、マクワラに迫る勢いで2着に入りました。ここ最近急成長していて、100mの蘇炳添と並び、日本短距離陣に立ちはだかる脅威となっています。

18052309.jpg

 続いて男子100m。昨年日本人初の9秒台をマークした日本記録保持者で同郷の桐生に大注目でしたが4位。タイムは10.17で悪くなかったんですが、スタートで先行していた山縣に抜かれたので、現時点での実力は山縣の方が上ですね。来月の日本選手権でリベンジしてほしいです。山縣が振り切って9秒台という展開も熱いですが!
 優勝は昨年の世界陸上でボルトを破ったガトリンで、さすがという感じです。テレビで見てた通りの大きなストライドで迫力がありました。

18052310.jpg18052311.jpg

 最後は4x100mリレー。2016年リオ五輪の銀メダルメンバーが再集結!ご覧の通り、圧倒的な差を付けて優勝!圧倒的すぎて見てて笑ってしまいました(笑)タイムも圧巻の37秒台!世界大会決勝レベルの走りを目の当たりにできて感動でした。まさに日本のお家芸。マジで金メダル取れる可能性あると思います。

 来月の日本選手権も楽しみですが、一番はその後にあるアジア選手権です。今大会、蘇炳添は100mを走りませんでしたので、アジア選手権で桐生、山縣との勝負が見たいです。
posted by こうじ at 21:38 | スポーツ

2018年05月15日

リムストライプ

18051401.jpg

 ずっと前から念願だったホイールのリムストライプを入れました。

 以前、一度検討したことがあり、エリーゼに合う元からリムストライプが塗装してあるホイールは無さそうで、やるならステッカーを貼るかたちになりそうだったんですが、貼り方がけっこう面倒で、ちゃんと貼らないと走行中に剥がれることもあると聞いて億劫になっていました。

18051402.jpg

 そして先日、定期点検のために、いつもお世話になっているオートプレステージさんに赴くと、ショールームに行くとエリーゼスプリント220が展示してあったんですが、何とリムストライプ入っているじゃぁありませんか・・・!

18051403.jpg

 スタッフさんに、自分のエリーゼにも付けれるか聞いてみたところ、これはこのエリーゼ専用のホイールとのこと。また、ダイヤモンドカットという加工によるものだそうで、希望する赤色のものも無さそうです。
 そこで、現行ホイールに塗装等で入れてもらえないか聞いてみたところ、ステッカーによる施工を勧められたので、お願いすることにしました。施工実績もあり、その写真を見せてもらいましたが、イイ感じでした。前述の通り、ステッカータイプは自分で貼るには抵抗がありましたが、プロの方にやっていただけるなら安心です!色も希望する赤があるとのことで良かったです。もっと早く頼んどけばよかった・・・^^;

18051404.jpg

 一週間後、点検とリムストライプ施工されたマイエリーゼを引き取りに行きました。
 カッコよすぎて鼻血出る。

18051405.jpg

 円弧状のステッカーを複数繋ぎ合わせているので繋ぎ目がありますが、目立ちません。

18051406.jpg

 ホイール表面の微細な凹凸が見えるほどの密着ぶり。これならそう簡単に剥がれまい。

18051407.jpg

 お店からの帰りしな、初の外装ドレスアップ祝いに、以前から気になっていた、名古屋の撮影名所の一つである名港西大橋の下で撮影してきました。

18051410.jpg

 奥のほうが特等席なんですが、この日は雑誌かお店関係の撮影なのか、本格的な機材を使って色々な車を撮影されてました。さすが人気スポットです。

18051409.jpg

 でも、手前のほうも白い地面に赤がとっても映えて意外と良かったです^^

18051420.jpg

 スマホの壁紙にもイイ感じです。

18051408.jpg

 相変わらずの美しさ。
 所有して2年になりますが、まったく飽きることがなく、リムストライプでさらに魅力が増しました。

18051411.jpg

 これもユニークな絵で撮ってて楽しかったです。

18051412.jpg

 この赤ブレーキキャリパーもカッコいいなぁ・・・。
 こういう白ボディに赤キャリパーは差し色になって映えるんですが、自分のエリーゼだと赤がくどくなりすぎちゃうかな?スタッフさんに「キャリパー塗装も請け負いますよ!」と爽やかに言ってもらえたんですが、迷い中(汗)

18051413.jpg18051414.jpg

18051415.jpg18051416.jpg

 ちなみにショールームには日本に20台しかないという3-11が展示されていました。
 フロントウィンドウもドアもないというスパルタンさ!

18051417.jpg

 内装も超シンプル。

18051418.jpg

 シフトレバーは最近のロータス車のトレンドであるメカニカルなオープンゲートタイプ。
 カッコイイ、マジで。

18051419.jpg

 こちらはエリーゼスプリント220のシフトレバー。
 黒×赤の配色が鬼カッコイイ。
posted by こうじ at 00:40 |

2018年05月02日

エリーゼと桜鑑賞

 先月ですが、エリーゼと桜鑑賞してきました。
 昨年は京都でしたが、今年は兵庫の2か所に行ってきました。

■ 夙川

18042302.jpg

 近所にある桜の名所です。
 人が多くて車と撮影は無理かな、と諦め気味だったんですが、ジョギングついでに色々と調査した結果、2か所穴場を見付けたので、帰宅後にエリーゼで出直しました。

18042301.jpg

 夙川は松の木も立派です。

18042303.jpg

 雲一つない快晴で気持ち良かったです。

18042304.jpg18042305.jpg

 もう一か所の穴場。
 先ほどの順光と異なり、こちらは逆光。ガラッと雰囲気が変わりますね。

18042306.jpg

■ 上郡町

18042307.jpg18042308.jpg

 こちらはネットで見付けた穴場です。
 平日だったこともあってか、やはり人は少なかったです。
 満開の時期は外してしまいましたが、それでも延々と続く桜並木は壮観でした。

18042309.jpg18042310.jpg

 お天気も曇りがちでちょっと残念でしたが、車は綺麗に撮れます。CGっぽいです。

18042311.jpg

 桜だけでなく、長閑な田園風景も魅力です。鳥の囀りや時折聞こえる、山の麓を走る電車の音が、これまた風情がありました。
posted by こうじ at 01:49 | 写真

2018年04月29日

レディ・プレイヤー1



 まさか泣ける映画とは思いませんでした。

 ほんとはパシフィック・リム:アップライジング(朝〜昼の時間帯のIMAX)を観たかったんですが、なかなか時間が作れなくて、お目当ての条件での上映がなくなってしまいました。
 代わりに始まった本作のことはまったく知らなかったんですが、予告を観たら有名ゲームのキャラやマシンが出てきて映像の迫力もあって楽しめそうだと思って、観ることにしました。

 そのあたりは期待通りだったんですが、それ以上に良かったのが、VR世界「オアシス」の開発者であるハリデーの人生を探るミステリー的要素でした。僕もソフトを作る技術者の端くれで、ハリデーに共感するところがあり、最後の方は自然と涙が出ていました。
 ソフトウェア史上初のイースターエッグと言われている、アタリ社のWarren Robinett氏によるイースターエッグが重要なシーンで扱われたり、創作者へのリスペクトも感じられるところが良かったです。

 魅力的なキャラクターたちの派手なアクションよりも、物寂しい場所で老人が語り事をするシーンのほうが震えるなんて、僕もそれなりに歳を重ねたのかな・・・。
posted by こうじ at 19:06 | 映像作品