2018年07月03日

乾のスーパーゴールも初のベスト8ならず・・・!

18070301.jpg18070302.jpg

18070303.jpg18070304.jpg

 うぉぉおおおおおおおおお!!!!!!!
 乾ぃぃいいいいいいいい!!!!!!!
 ゴラッソォォオオオオオオ!!!!!!!

 なんというミドル・・・!しかも世界最高クラスのゴールキーパーであるクルトワの指にもかからず・・・!まさにワールドクラス!
 「今大会で最も偉大なゴール」との声もあり、「高校サッカー史上最も美しいゴール」の演出のみならず、今度はW杯で自身が素晴らしいゴールを決めました!

 僕にとって小さい頃から馴染みある野洲高校のグランドでひたすらにボールを蹴っていた少年が、世界の大舞台で活躍するなんて、すごく誇らしいです!

 これまで強豪相手に善戦してきた日本代表ですが、さすがにベルギーには勝てないだろうと思ってましたし、せめて乾のゴールが見れたら・・・!と思い、深夜に起きて生で観戦してたんですが、原口のこれまた素晴らしいゴール(柴崎のパスも神!)と乾のスーパーゴールで一気に2-0に・・・!ベルギー相手なので、これでも安心はできませんでしたが、「もしかしたら・・・」と夢を見ることが許されるところまで行ったことに大興奮・・・!
 最後は圧倒的な攻撃力の前に逆転負け・・・。結局は力の差が出たかたちですが、もし0-3とかで負けたんだったら「いや〜、やっぱり強かったね」と簡単に飲み込めそうですが、一時大きくリードしただけに複雑な気持ちになりました。選手は本当に悔しかったでしょうし、乾もすごく泣いてました。僕も最初は呆然でしたが、後になってだんだんと込み上げてきました。
 数々の素晴らしいゲームをありがとうです。

18070305.jpg

 先日、実家に帰ったんですが、野洲高にはやはり乾の垂れ幕が。

 乾は年齢的にこれが最後の、そして唯一のW杯となったかもしれませんが、一度のチャンスを最大限に活かして輝けるって最高にカッコイイです。自分もがんばろう、って思えましたし、元気をくれてホント感謝です。
 今後もクラブでの活躍を期待してます!お疲れ様でした!
posted by こうじ at 20:37 | スポーツ

2018年06月28日

乾がW杯ゴール!!

 同郷の乾がついにやりました!!

18062801.jpg18062802.jpg

18062803.jpg18062804.jpg

 野洲から世界へ!
 テレビで解説していた城さんの「これが野洲のテクニックだ!」もナイスでした!

 桐生の9秒台に、乾のW杯ゴールにと、滋賀半端ないって!(笑)
posted by こうじ at 01:45 | スポーツ

2018年06月03日

OVER DRIVE



 レースもので面白そうだったので観に行きました。

 レースものということで例に漏れずドライバーに焦点が当たるのですが、本作の場合は特にラリーということで、ダメージを受けた車を修理したり、わずかな性能向上がレース全体のタイムに大きく影響してくるなどの特徴から、メカニック側にも焦点が当てられています。ラリーのことはよく知らないので色々と新鮮でした。
 それにしても、あんな狭い悪走路をよくあんな速度でぶっ飛ばすなぁ・・・。綺麗に曲がれるのがまた凄い。

 最後の方はめちゃくちゃ熱い展開で涙腺崩壊・・・!劇場出てからも思い出してまた泣きそうになりました・・・。
 色々と悩みがありながらも、限界を恐れず全力でやる!・・・いいですよね。
 燃えてきたわ・・・!


 あ、帰りはちゃんと安全運転でしたよ(笑)
posted by こうじ at 16:25 | 映像作品

2018年05月23日

ゴールデングランプリ陸上

18052301.jpg

 今年のゴールデングランプリは近くの長居だったので観に行きました。

18052303.jpg

 今回はテーブル席のチケットを取りました。
 普通のゾーン指定席だと、席が取りづらいことがあります(参考:昨年の日本選手権)が、テーブル席は指定席なので取られる心配がありません。過去にも販売していたのかは知らないのですが、今回この席の販売に気付き、こりゃいいやと思って購入しました。

18052304.jpg

 一般客が取れるなかで一番ゴール側の列を取りました。これより右手側にもテーブル席がありますが、報道関係者専用です。テレビでよく見かける方とかが普通に座ってました。
 テーブルがあるので、ゆったりと食事しながら観戦もできます。

18052302.jpg

 屋根もあるので雨の日も安心。

18052306.jpg18052305.jpg

 基本的には報道関係者向けの席なので、報道のための設備が充実しています。

18052307.jpg

 端のほうにあるスイッチは照明です。
 これらを活用することはありませんが、とにかくゆったりと観戦することができるので最高です。今後の観戦もできるだけテーブル席を取りたいです。

18052308.jpg

 試合のほう、まず注目は男子200m。マクワラが、日本ではなかなか見れない19秒台で勝利!生で19秒台見たの、たぶん初めてです。そしてマクワラがゴール後にする腕立ても生で見れて良かったです(笑)
 マクワラが強いのは当然として、恐るべしは中国の謝震業。日本勢を引き離し、マクワラに迫る勢いで2着に入りました。ここ最近急成長していて、100mの蘇炳添と並び、日本短距離陣に立ちはだかる脅威となっています。

18052309.jpg

 続いて男子100m。昨年日本人初の9秒台をマークした日本記録保持者で同郷の桐生に大注目でしたが4位。タイムは10.17で悪くなかったんですが、スタートで先行していた山縣に抜かれたので、現時点での実力は山縣の方が上ですね。来月の日本選手権でリベンジしてほしいです。山縣が振り切って9秒台という展開も熱いですが!
 優勝は昨年の世界陸上でボルトを破ったガトリンで、さすがという感じです。テレビで見てた通りの大きなストライドで迫力がありました。

18052310.jpg18052311.jpg

 最後は4x100mリレー。2016年リオ五輪の銀メダルメンバーが再集結!ご覧の通り、圧倒的な差を付けて優勝!圧倒的すぎて見てて笑ってしまいました(笑)タイムも圧巻の37秒台!世界大会決勝レベルの走りを目の当たりにできて感動でした。まさに日本のお家芸。マジで金メダル取れる可能性あると思います。

 来月の日本選手権も楽しみですが、一番はその後にあるアジア選手権です。今大会、蘇炳添は100mを走りませんでしたので、アジア選手権で桐生、山縣との勝負が見たいです。
posted by こうじ at 21:38 | スポーツ

2018年05月15日

リムストライプ

18051401.jpg

 ずっと前から念願だったホイールのリムストライプを入れました。

 以前、一度検討したことがあり、エリーゼに合う元からリムストライプが塗装してあるホイールは無さそうで、やるならステッカーを貼るかたちになりそうだったんですが、貼り方がけっこう面倒で、ちゃんと貼らないと走行中に剥がれることもあると聞いて億劫になっていました。

18051402.jpg

 そして先日、定期点検のために、いつもお世話になっているオートプレステージさんに赴くと、ショールームに行くとエリーゼスプリント220が展示してあったんですが、何とリムストライプ入っているじゃぁありませんか・・・!

18051403.jpg

 スタッフさんに、自分のエリーゼにも付けれるか聞いてみたところ、これはこのエリーゼ専用のホイールとのこと。また、ダイヤモンドカットという加工によるものだそうで、希望する赤色のものも無さそうです。
 そこで、現行ホイールに塗装等で入れてもらえないか聞いてみたところ、ステッカーによる施工を勧められたので、お願いすることにしました。施工実績もあり、その写真を見せてもらいましたが、イイ感じでした。前述の通り、ステッカータイプは自分で貼るには抵抗がありましたが、プロの方にやっていただけるなら安心です!色も希望する赤があるとのことで良かったです。もっと早く頼んどけばよかった・・・^^;

18051404.jpg

 一週間後、点検とリムストライプ施工されたマイエリーゼを引き取りに行きました。
 カッコよすぎて鼻血出る。

18051405.jpg

 円弧状のステッカーを複数繋ぎ合わせているので繋ぎ目がありますが、目立ちません。

18051406.jpg

 ホイール表面の微細な凹凸が見えるほどの密着ぶり。これならそう簡単に剥がれまい。

18051407.jpg

 お店からの帰りしな、初の外装ドレスアップ祝いに、以前から気になっていた、名古屋の撮影名所の一つである名港西大橋の下で撮影してきました。

18051410.jpg

 奥のほうが特等席なんですが、この日は雑誌かお店関係の撮影なのか、本格的な機材を使って色々な車を撮影されてました。さすが人気スポットです。

18051409.jpg

 でも、手前のほうも白い地面に赤がとっても映えて意外と良かったです^^

18051420.jpg

 スマホの壁紙にもイイ感じです。

18051408.jpg

 相変わらずの美しさ。
 所有して2年になりますが、まったく飽きることがなく、リムストライプでさらに魅力が増しました。

18051411.jpg

 これもユニークな絵で撮ってて楽しかったです。

18051412.jpg

 この赤ブレーキキャリパーもカッコいいなぁ・・・。
 こういう白ボディに赤キャリパーは差し色になって映えるんですが、自分のエリーゼだと赤がくどくなりすぎちゃうかな?スタッフさんに「キャリパー塗装も請け負いますよ!」と爽やかに言ってもらえたんですが、迷い中(汗)

18051413.jpg18051414.jpg

18051415.jpg18051416.jpg

 ちなみにショールームには日本に20台しかないという3-11が展示されていました。
 フロントウィンドウもドアもないというスパルタンさ!

18051417.jpg

 内装も超シンプル。

18051418.jpg

 シフトレバーは最近のロータス車のトレンドであるメカニカルなオープンゲートタイプ。
 カッコイイ、マジで。

18051419.jpg

 こちらはエリーゼスプリント220のシフトレバー。
 黒×赤の配色が鬼カッコイイ。
posted by こうじ at 00:40 |

2018年05月02日

エリーゼと桜鑑賞

 先月ですが、エリーゼと桜鑑賞してきました。
 昨年は京都でしたが、今年は兵庫の2か所に行ってきました。

■ 夙川

18042302.jpg

 近所にある桜の名所です。
 人が多くて車と撮影は無理かな、と諦め気味だったんですが、ジョギングついでに色々と調査した結果、2か所穴場を見付けたので、帰宅後にエリーゼで出直しました。

18042301.jpg

 夙川は松の木も立派です。

18042303.jpg

 雲一つない快晴で気持ち良かったです。

18042304.jpg18042305.jpg

 もう一か所の穴場。
 先ほどの順光と異なり、こちらは逆光。ガラッと雰囲気が変わりますね。

18042306.jpg

■ 上郡町

18042307.jpg18042308.jpg

 こちらはネットで見付けた穴場です。
 平日だったこともあってか、やはり人は少なかったです。
 満開の時期は外してしまいましたが、それでも延々と続く桜並木は壮観でした。

18042309.jpg18042310.jpg

 お天気も曇りがちでちょっと残念でしたが、車は綺麗に撮れます。CGっぽいです。

18042311.jpg

 桜だけでなく、長閑な田園風景も魅力です。鳥の囀りや時折聞こえる、山の麓を走る電車の音が、これまた風情がありました。
posted by こうじ at 01:49 | 写真

2018年04月29日

レディ・プレイヤー1



 まさか泣ける映画とは思いませんでした。

 ほんとはパシフィック・リム:アップライジング(朝〜昼の時間帯のIMAX)を観たかったんですが、なかなか時間が作れなくて、お目当ての条件での上映がなくなってしまいました。
 代わりに始まった本作のことはまったく知らなかったんですが、予告を観たら有名ゲームのキャラやマシンが出てきて映像の迫力もあって楽しめそうだと思って、観ることにしました。

 そのあたりは期待通りだったんですが、それ以上に良かったのが、VR世界「オアシス」の開発者であるハリデーの人生を探るミステリー的要素でした。僕もソフトを作る技術者の端くれで、ハリデーに共感するところがあり、最後の方は自然と涙が出ていました。
 ソフトウェア史上初のイースターエッグと言われている、アタリ社のWarren Robinett氏によるイースターエッグが重要なシーンで扱われたり、創作者へのリスペクトも感じられるところが良かったです。

 魅力的なキャラクターたちの派手なアクションよりも、物寂しい場所で老人が語り事をするシーンのほうが震えるなんて、僕もそれなりに歳を重ねたのかな・・・。
posted by こうじ at 19:06 | 映像作品

2018年02月20日

ジオストーム

http://wwws.warnerbros.co.jp/geostorm/



 宇宙ものには目がないのでホイホイと観に行きました(笑)
 僕の好きな、ディザスター映画の金字塔「インデペンデンスデイ」で製作担当だったディーン・デヴリンが監督な点にも興味を惹かれました。中学の頃、インデペンデンスデイのメイキングビデオを何回も繰り返し見ていて、そのときにコメントしているディーン・デブリンも何度も見ていたのでよく知ってます。

 冒頭で気象コントロールシステムを構築する動機や、世界中の国が協力して取り組む流れが胸熱。この部分だけで映画作ってほしいくらいです。

 主人公はジェラルド・バトラー。気象コントロールシステムの構築に大きく貢献した技術者の役です。「エンド・オブ・ホワイトハウス」や「エンド・オブ・キングダム」での印象が強烈だっただけに、何か無双し始めるのではないかとそわそわしました(笑)

 気象コントロール衛星等、大量の物資を宇宙に運ぶため、地上の宇宙センターでは大量のシャトルが打ち上げ準備状態で大量に並んでおり壮観でした!
 そして宇宙に飛び立つと、地球を覆うように張り巡らされた気象コントロール衛星網が見え、これまた圧巻!胸熱すぎる・・・!
 これらが暴走して衛星兵器みたいになっちゃうんですから、これまた胸熱!地上では大変なことになっているというのに「いいぞ!もっとやれ!」って思ってしまいました(笑)

 派手な災害シーンだけでなく、サスペンス的な要素も見応えがあり、面白かったです。
 地上では主人公の弟も重要な役割を果たしますが、その彼女が大統領のSPで、機転を利かしたり多様なアクションをこなしたりしながら大活躍します。カーチェイスシーンで彼女が運転しながら銃撃戦している傍ら、彼氏が「ひ〜!」ってなってて、彼女がイケメン過ぎて吹きました(笑)

 あ、バトラーはしっかり人を殴ってました(笑)
posted by こうじ at 23:59 | 映像作品

2018年01月27日

2018年01月15日

PCの電源不調

18011501.jpg

 「無音PC作成2」でレポートしたPCが2ヶ月ほど前から起動でコケるなど不安定に・・・。

 詳細はレポートにて。
posted by こうじ at 23:59 | デジガジェ