2019年09月10日

タイムズカーシェア(i-MiEV)

19091001.png

 よく街中で見かけて、そのオシャレな外観でいつもまじまじと見てしまう三菱のi。そのEV版であるi-MiEVをタイムズカーシェアで体験してきました。

19091002.png19091003.png

 閑静なマンションの駐車場にあるという、タイムズカーシェアでは珍しい(?)形態。マンションの住民が近所の買い物等で共用するシティコミューターという位置付けでしょうか。

19091004.png

 何と言っても、この美しいフォルムですよ・・・。ホイールベースを全長いっぱいに使うと通常であればどうしても不格好になりがちなところをむしろデザインの利点にしてしまっています。軽規格の全長制限において走行安定性を最大限得られるという利点も。
 前方から後方にかけての滑らかな曲線はランボルギーニのウェッジシェイプを彷彿させます。ちょっと言い過ぎましたが(笑)、それくらい美しくて見てて飽きません。全体的な丸っこさとタイヤフェンダーの丸みもイイ感じです。

19091005.png19091006.png

 フロントから見た姿はもうSFの乗り物。今でも未来感のあるデザインなのに、13年前に出たというからさらに驚き。何年先を行ってるんだ・・・。

19091007.png19091008.png

 外から見るとフロントガラスが長くてかなり後ろまで伸びているように見えますが、運転席よりは前なので視界は通常の車と同等。シトロエンC3のゼニスウィンドウとはいきませんでした^^;

19091009.png

 車内はどうでしょうか?

19091010.png

 シートは可も無く不可も無く。

19091011.png

 全体的に丸みがあって良いのですが・・・

ハンドルが普通すぎる。

 外観のSF感に負けないくらい攻めてほしかったです(>_<)
 SF感とは違いますが、車内のワクワク感はMINIが上ですね。

19091012.png

 ペダルの操作感はイイ感じで、ブレーキフィールもちょうどイイです。

19091013.png

 ゲート式のシフトレバー。Bに入れたら、ごっつエンブレかかってたくさん充電できるのかな?と思いましたが、B以外との違いをあまり感じませんでした(汗)

19091014.png

 荷物もけっこう乗りそうで実用性もなかなか。

19091015.png

 こちらはなかなか楽しいデザインのメーターを見ながらいざ出発です。生まれて初めてのEVにドキドキです・・・!

 当たり前ですが、めっちゃ静か。派手なエンジン音が無い分、モーター音やインバーター音が耳に付きますが、絶対的な音量が小さく、圧倒的な静寂性です。アイストのブルルンとも無縁。ただ、完全に停止しているときもインバーター音か何かはわずかに聞こえますので、ここは完全停止のアイスト車が逆転するかも。スバルXVの静かさはホント異次元でしたよ・・・。

 静かさ以上に特筆すべきは、やはり加速特性です。初っ端最大トルクでグーンと加速する様は、やはりエンジン車とは一線を画しています。初期加速だけでなく、慣性走行中の踏み込みでもグンッと反応します。楽しくて信号に引っかかって「よっしゃ」と思っちゃうほど(笑)
 よーし、高速行ってみるか〜、と意気揚々と名神高速へ。合流からアクセルを踏み込んで一気に加速してみたところ

 そこには未来が。

 低速から高速になるに連れて一様にヒュィィィイイイイインと高まっていくモーター音。それと連動してゴォォォオオオオオと増加していくロードノイズか風の音・・・

 違う空間にワープしそうです。

 強烈な加速も然ることながら、音の演出が完全に別物。これが未来か・・・!!
 道が空いていたこともあり、何度も加速を楽しんだのですが・・・

19091016.png

 バッテリーの減り半端ないです。

 メリメリと減るわ減るわ・・・。レースゲームのニトロかいな(笑)
 それにしてもクセになる素晴らしい体験です。乗り始めたときの「ブレーキでしっかり回生してエコ運転しなくっちゃ」なんて気持ちはすっ飛んでました(笑)エコという皮を被った猛獣ですよ、EVは・・・。

 加速以外にも、ほぼRRと言ってよいくらいのMRであることと、床下に敷き詰められたバッテリーによる低重心で回頭性もなかなか。速めにコーナーを曲がってもあまりロールを感じません。さすがにウィービングするとけっこうロールしますが。ちなみにエリーゼはウィービングでもロール(体感)ゼロです(^^)v
 冒頭で述べたロングホイールベースもそうですが、外観だけでなく走りの面においても好要素が詰まってます。

19091017.png

 帰ってきたので充電です。

19091018.png

 充電装置の画面が曇ってて、すごく見にくい(笑)

19091019.png

 すっかりEVの魅力に取り憑かれてしまい、別件で帰りに寄ったオートバックスの休憩所でEVの雑誌を読み耽ってました(笑)やっぱり充電場所や時間が課題ですよね。

 タイムズカーシェアでは今後EVが増えていくようなので楽しみですね。


 i-MiEV、観て楽しんで乗って楽しんで、の素晴らしい車です。コペン等のオープンカーは別枠として、個人的には史上最高の軽自動車だと思います。

 なお、現在はエンジン版のiの方はもう生産しておらずi-MiEVのみ。そのi-MiEVも軽規格から外れる全長の拡張があり、フロントのデザインは好みではないものになってしまいました。EVということもあってか、価格も(ほぼ)軽自動車としては高価でお求めにくいものになっております^^;
posted by こうじ at 23:37 |