2018年08月20日

夏の甲子園 近江 準々決勝で敗れる

18082001.jpg

 我らが滋賀代表、名門近江高校がベスト4進出をかけて金足農業高校と対戦しましたが、まさかの逆転サヨナラツーランスクイズ・・・。

18082002.jpg

 呆然とする2年生ピッチャーの林くん・・・。これまで好投を続けてきましたが・・・。
 僕も呆然でした・・・。ワールドカップのベルギー戦のときと同様の虚無感、再び・・・。

 今大会は第100回の記念すべき大会。選手宣誓を滋賀代表が行うことになりビックリ!中尾主将の立派な宣誓に感動しました!
 試合のほうも順調に勝ち進みベスト8に!この記念すべき大会で、滋賀県勢悲願の甲子園初優勝を否が応にも期待することとなりました。

 最後のプレーは、サードがファーストへの送球時、ボールの持ち直しのためか2ステップしており、これが1ステップだったら本塁で2人目のランナーをアウトにできていたと思います。そうなれば2アウトですし同点で食い止められる可能性が高まりました。もしかしてファーストがベースに入るのを待ったのかな?だとしたらしゃーない!
 捕球後に振り向いて2人目のランナーを牽制しておけば制止できたか、場合によっては挟殺にもっていけたかな、とも思いましたが、いずれにせよ1アウト2・3塁となり、かなり苦しい状況は変わらず。2人目のランナーはこのリスクの小ささも判断していたのかも。バッターのスクイズバントが上手かったこともありますし、相手が一枚上手だったということでしょうね。
 とはいえ、ああいった極限的な状況で全力を尽くしたという経験は何事にも代えがたい貴重なものですし、胸を張ってほしいです!

 相手ピッチャーの吉田は速球が注目されていますし確かに凄いんですが、的確なバント処理や、バントフライがインフィールドフライにならない&打者が走塁を怠っている状況から、わざと捕球せずにゲッツーを獲るなどフィールディングに隙がありませんし、こういったプレーを見てても野球を楽しんでる気持ちが伝わってきます。
 金足農業も県勢(東北勢)初優勝がかかっていますし、近江の分までがんばってほしいです。
 しかし、公立高校で全選手が地元出身とは・・・。大阪桐蔭とは対照的なチームで、決勝で当たったら面白いですね。

 近江は2年生バッテリーで、ショートに至ってはなんと1年生!あの近江で1年でレギュラーとかハンパないって!たしかに素晴らしいプレーでした。来年以降も楽しみですね。

18082003.jpg

 最後は笑わせてくれました(笑)
 それでこそ滋賀代表や(笑)

 こんなに真剣に野球を観戦したのはいつ以来か分からないくらいです。
 素晴らしい試合をありがとう!
posted by こうじ at 00:13 | スポーツ

2018年07月24日

ロシアW杯終了

 ロシアW杯が終了しましたね。
 W杯はサッカーに興味を持ち始めた2010年頃から観てきましたが、今大会は最も多くの試合を観戦した大会でした。深夜の試合が多かったにも関わらず、です。それは同郷の乾が出場していたこともありますが、海外の選手への関心が強くなったことが大きいです。
 きっかけは昨年テレビで気まぐれに観戦したクラブW杯で、優勝したレアル・マドリードのモドリッチが、素人目に見ても上手いなぁと感心し、海外の選手への興味が強くなりました。いつもお世話になっている美容師さんがサッカーに詳しくて(野球、プロレス等々何でも詳しい!)話を聞くと、やはりヨーロッパはレベルが違うとのこと。
 そのきっかけとなったモドリッチが大活躍したほか、日本も喰らったベルギーの超高速カウンター等、期待通り見応えのある大会となりました。

 そしてもう一つ、今大会で素晴らしかったのがオープニング映像!



 美しいCGでロシアやこれまでのW杯の歴史が感じられる内容となっています。

 何が素晴らしいって、宇宙開発の偉業へのリスペクトが感じられるシーンがあること!

18072401.jpg18072402.jpg

 こちらはスプートニク1号。
 光輝くボディの反射や、後方に発せられるキラキラが美しい・・・。フォーカスインの演出も素敵です。

18072403.jpg

 こちらはR-7と思しきロケット。
 宇宙開発黎明期に数々の輝かしい偉業を達成し、現在でも国際的な宇宙開発において退役したスペースシャトルの穴を埋めるなど、長期に渡り宇宙開発を支えてきた、ロシアが誇る名機です。

 音楽も、それ自体が良い上に、映像ともよく合っていてイイなぁと思ってたら、作曲したのはなんと僕が大好きなハンス・ジマーと知ってビックリ!これまで何度も書いてきてますが、宇宙開発とこの人の感動的な音楽は、やはり切っても切れないです。「Science and Religion」に感じる感動は年を追うごとに増していて、最近はもう聴くだけで嗚咽が漏れるレベルです・・・。単純な善悪論では語れない、人類の凄まじい意志の力をひしひしと感じる。そんな曲です。僕が所有する4530曲の中でダントツで頂点に位置する名曲です。



 最近見つけた、このアレンジも感動的です・・・!

 今回のオープニング映像の曲「Living Football」も希望に満ち溢れていて素晴らしいです。iTunesで購入したフルバージョンを最近ずっと聴いています。

18072404.jpg

 過去の大会の選手の映像が映し出されるダイヤモンド。
 カシージャスの嬉しそうな様子がお気に入りです。2010年大会で優勝したときの様子ですが、次の大会で大量失点で惨敗してしまいましたから、なんか救われるなと(笑)

18072405.jpg

 様々な面で楽しませてくれたロシアW杯は印象深い大会となりました。
posted by こうじ at 01:41 | スポーツ

2018年07月03日

乾のスーパーゴールも初のベスト8ならず・・・!

18070301.jpg18070302.jpg

18070303.jpg18070304.jpg

 うぉぉおおおおおおおおお!!!!!!!
 乾ぃぃいいいいいいいい!!!!!!!
 ゴラッソォォオオオオオオ!!!!!!!

 なんというミドル・・・!しかも世界最高クラスのゴールキーパーであるクルトワの指にもかからず・・・!まさにワールドクラス!
 「今大会で最も偉大なゴール」との声もあり、「高校サッカー史上最も美しいゴール」の演出のみならず、今度はW杯で自身が素晴らしいゴールを決めました!

 僕にとって小さい頃から馴染みある野洲高校のグランドでひたすらにボールを蹴っていた少年が、世界の大舞台で活躍するなんて、すごく誇らしいです!

 これまで強豪相手に善戦してきた日本代表ですが、さすがにベルギーには勝てないだろうと思ってましたし、せめて乾のゴールが見れたら・・・!と思い、深夜に起きて生で観戦してたんですが、原口のこれまた素晴らしいゴール(柴崎のパスも神!)と乾のスーパーゴールで一気に2-0に・・・!ベルギー相手なので、これでも安心はできませんでしたが、「もしかしたら・・・」と夢を見ることが許されるところまで行ったことに大興奮・・・!
 最後は圧倒的な攻撃力の前に逆転負け・・・。結局は力の差が出たかたちですが、もし0-3とかで負けたんだったら「いや〜、やっぱり強かったね」と簡単に飲み込めそうですが、一時大きくリードしただけに複雑な気持ちになりました。選手は本当に悔しかったでしょうし、乾もすごく泣いてました。僕も最初は呆然でしたが、後になってだんだんと込み上げてきました。
 数々の素晴らしいゲームをありがとうです。

18070305.jpg

 先日、実家に帰ったんですが、野洲高にはやはり乾の垂れ幕が。

 乾は年齢的にこれが最後の、そして唯一のW杯となったかもしれませんが、一度のチャンスを最大限に活かして輝けるって最高にカッコイイです。自分もがんばろう、って思えましたし、元気をくれてホント感謝です。
 今後もクラブでの活躍を期待してます!お疲れ様でした!
posted by こうじ at 20:37 | スポーツ

2018年06月28日

乾がW杯ゴール!!

 同郷の乾がついにやりました!!

18062801.jpg18062802.jpg

18062803.jpg18062804.jpg

 野洲から世界へ!
 テレビで解説していた城さんの「これが野洲のテクニックだ!」もナイスでした!

 桐生の9秒台に、乾のW杯ゴールにと、滋賀半端ないって!(笑)
posted by こうじ at 01:45 | スポーツ

2018年05月23日

ゴールデングランプリ陸上

18052301.jpg

 今年のゴールデングランプリは近くの長居だったので観に行きました。

18052303.jpg

 今回はテーブル席のチケットを取りました。
 普通のゾーン指定席だと、席が取りづらいことがあります(参考:昨年の日本選手権)が、テーブル席は指定席なので取られる心配がありません。過去にも販売していたのかは知らないのですが、今回この席の販売に気付き、こりゃいいやと思って購入しました。

18052304.jpg

 一般客が取れるなかで一番ゴール側の列を取りました。これより右手側にもテーブル席がありますが、報道関係者専用です。テレビでよく見かける方とかが普通に座ってました。
 テーブルがあるので、ゆったりと食事しながら観戦もできます。

18052302.jpg

 屋根もあるので雨の日も安心。

18052306.jpg18052305.jpg

 基本的には報道関係者向けの席なので、報道のための設備が充実しています。

18052307.jpg

 端のほうにあるスイッチは照明です。
 これらを活用することはありませんが、とにかくゆったりと観戦することができるので最高です。今後の観戦もできるだけテーブル席を取りたいです。

18052308.jpg

 試合のほう、まず注目は男子200m。マクワラが、日本ではなかなか見れない19秒台で勝利!生で19秒台見たの、たぶん初めてです。そしてマクワラがゴール後にする腕立ても生で見れて良かったです(笑)
 マクワラが強いのは当然として、恐るべしは中国の謝震業。日本勢を引き離し、マクワラに迫る勢いで2着に入りました。ここ最近急成長していて、100mの蘇炳添と並び、日本短距離陣に立ちはだかる脅威となっています。

18052309.jpg

 続いて男子100m。昨年日本人初の9秒台をマークした日本記録保持者で同郷の桐生に大注目でしたが4位。タイムは10.17で悪くなかったんですが、スタートで先行していた山縣に抜かれたので、現時点での実力は山縣の方が上ですね。来月の日本選手権でリベンジしてほしいです。山縣が振り切って9秒台という展開も熱いですが!
 優勝は昨年の世界陸上でボルトを破ったガトリンで、さすがという感じです。テレビで見てた通りの大きなストライドで迫力がありました。

18052310.jpg18052311.jpg

 最後は4x100mリレー。2016年リオ五輪の銀メダルメンバーが再集結!ご覧の通り、圧倒的な差を付けて優勝!圧倒的すぎて見てて笑ってしまいました(笑)タイムも圧巻の37秒台!世界大会決勝レベルの走りを目の当たりにできて感動でした。まさに日本のお家芸。マジで金メダル取れる可能性あると思います。

 来月の日本選手権も楽しみですが、一番はその後にあるアジア選手権です。今大会、蘇炳添は100mを走りませんでしたので、アジア選手権で桐生、山縣との勝負が見たいです。
posted by こうじ at 21:38 | スポーツ

2017年09月09日

桐生が公式9秒台達成!!



 うぉぉおおおおおおおおお!!!!!!!
 桐生ぅぅうううううううう!!!!!!!
 おめでとぉぉおおおおおお!!!!!!!

 ついに・・・ついに9秒台の扉がこじ開けられました!!
 陸上界の悲願を、この偉大なる快挙を、まさか近江の国出身の選手が達成するなんて・・・!!

 僕が陸上短距離に興味を持つようになったのは高校生だった1998年に、伊東浩司さんが速報9.99で公式10.00を出したことがきっかけでしたが、それから19年後の9月9日に同じく速報9.99!しかし今度は公式9.98!!
 黄色人種最速である中国の蘇炳添が持つ9.99も上回りました!

 今日は大阪に出かけてたんですが、9秒台を知ったのはスタバで休んでるときで、キャラメルフラペチーノ吹きそうになりました(笑)
 帰りはエリーゼで走りながら、歓喜のあまり淀川の上で絶叫しました(笑)

 先日の記事にも書いた通り、もうサニブラウンに先越されちゃうなぁ、と思ってましたし、それはそれで喜ばしいことなんですけど、やっぱり同郷の桐生を贔屓しちゃいますし、本当に嬉しいです!
 やばいッス・・・、もう鳥肌止まらないです・・・!!

 桐生、プレッシャーがキツかっただろうし、うまくいかないことも多かったけど、報われて良かった・・・!
 本当に・・・本当におめでとう・・・!!!!
posted by こうじ at 18:23 | スポーツ

2017年08月20日

世界陸上ロンドン

 世界陸上、今回も面白かったです。

■ 男子4×100mリレー

 昨年のリオに続き、今回もメダル獲得です!
 予選ではバトンが詰まり気味で、タイムも実力から考えると良くなくて心配でしたが、決勝では改善!
 ボルトが肉るアクシデントがなかったらメダルは取れなかったと思いますが、それでも9秒台を擁するフランス、中国に勝てたのはデカいです!

 イギリスチームは母国開催の大会で優勝、凄いです!

■ 男子200m

 サニブラウンが末續さん以来、14年振りの決勝進出!
 メダルには届かなかったものの、脚を痛めて本調子でない状態で7位入賞は立派!
 100mでも失敗レースでファイナリストを逃してしまいましたが、史上最年少での200m決勝進出!もう世界レベルです。

■ 男子 5000m

 ファラーが10000mを制し、またも2冠達成か・・・と思われましたが、ついに敗れました・・・!
 ロンドン五輪で母国での2冠を達成しているとはいえ、今大会でトラック引退だっただけに悔しかったでしょうね・・・。
 でも、ボルトにしてもそうですが、これまでの実績は偉大ですし色褪せることはありません。


 今大会でサニブラウンが日本人初の100m9秒台を出すかもと思ってたんですが、出なかったですね。
 誰が最初に出すか、まだまだ分からない状態です。

 昨日放送されたNHKスペシャル「9秒台へのカウントダウン」は、日本人による9秒台への挑戦を分かり易くまとめていてとても良い番組でした。
 8月23日(水)の25:00から再放送されるので是非ご覧ください!
posted by こうじ at 22:48 | スポーツ

2017年06月29日

陸上 日本選手権 観戦

 陸上の日本選手権、今年は近くの長居で行われたので観戦してきました。

 事前にS席のチケットを購入していたものの、夕方来場したらゴール付近は午前中の時点で満席(汗)

17062901.jpg

 やむ無く、この位置に。
 この位置から陸上を観戦するのは初めてですが、悪くないかも。

17062902.jpg

 200mの予選では、レジェンド末續さんが9年振りに日本選手権に出場!
 モニタに映し出されると、会場中から大きな拍手が沸き起こり、僕も拍手で讃えました。
 2007年の世界陸上大阪のとき、同じ長居で末續さんの200mを生で見て以来ですが、あれからちょうど10年になるんですね。

17062903.jpg

 結果は最下位でしたが、37歳にして21秒50というタイムは驚異的です。

17062904.jpg

 そして注目の100m決勝。
 史上最高レベルと言ってもいいくらいのメンバーが揃う中、18歳のサニブラウンが勝利!
 接地がかなり前方で、グングン推進していく大きな走りが凄いです。
 10秒0台連発で、もう普通に世界レベルでの活躍が視野に入ってますね。

 ビックリしたのが、関西出身の多田が2位を獲ったこと。
 電光掲示板に結果が掲示されると、会場中から歓声が沸き起こりました!
 あのガトリンを唸らせた驚異的なスタートの飛び出しと、高速ピッチがカッコイイです。

 桐生は残念ながら4位と揮わず、個人での世界選手権出場を逃しました。
 4月の織田記念は広島まで観戦しに行ったんですが、桐生は0台で優勝だったので、日本選手権は、同じく好調だった山縣との一騎打ちだろうと踏んでいたのに、山縣は怪我で、桐生はピークを持ってこれず・・・。一方、調子が上がらないように見えていたケンブリッジが自己ベストを更新するほど調子を上げてきて決勝も3位だったりと、ホント分からないものですね・・・。
 日本短距離界悲願の9秒台を、同じ滋賀出身の桐生に最初に出してもらいたい気持ちがありますが、サニブラウンや多田に先越されるかもしれませんね。しかし、何という贅沢な悩み(笑)短距離のレベルが凄まじいことになってます。
posted by こうじ at 00:37 | スポーツ

2017年06月01日

佐藤琢磨がインディ500優勝!

https://www.as-web.jp/overseas/126840?all

17060101.jpg

 世界三大レースの一つであるインディ500で、ついに日本人優勝者が誕生しました!

 優勝した佐藤琢磨は僕がF1に興味を持つきっかけとなったドライバーです。2004年にアメリカGPで3位表彰台を獲得したときに、たまたまテレビで見ていて、日本人が活躍しているから見ようと思ったんです。それだけに、今回の優勝は感慨深いものがあります。
 以前、インディのレースで日本人初優勝を成し遂げたときも凄いなぁと思いましたが、世界三大レースはさらに特別です。

 世界三大レースの日本人優勝、残すはF1モナコGPのみ。
 僕が生きているうちに達成されるでしょうか・・・。
posted by こうじ at 00:26 | スポーツ

2015年12月03日

御堂筋ワンダーストリート

15120301.jpg

 先日、大阪の御堂筋を通行止めにしてイベントが開催されました。
 色々な催しがあったのですが、一番の注目はF1マシンの公道走行です!

15120302.jpg15120303.jpg

15120304.jpg15120305.jpg

 生まれて初めて生で見るF1マシンに感激!
 しかも公道走行とか熱すぎる・・・!

 マシンは2003年にミハエル・シューマッハがワールドチャンピオンを獲得したときのF2003-GA。様々な制限で音が大人しくなった今のマシンとは違う凄まじい爆音を御堂筋中に響かせました。
 加速と振動でヘルメットがガタガタと揺れるところにも迫力を感じました。
 やっぱ生はちゃうわ。

 ドライバーは、日本人で初めて世界三大レースすべてに参戦した中野信治氏。
 大阪のご出身だったんですね。

 ステージでは橋下市長が「大阪でF1の公道レースをやるべき」と発言されたそうです。
 F1大阪グランプリ、是非実現してもらいたいですね。
posted by こうじ at 22:13 | スポーツ