2017年09月03日

Windows10に移行

17090301.jpg

 今までは慣れているWindows7をずっと使い続けてきましたが、Windows10が必要なプログラミングをしたかったので仕方なしに移行しました。
 と言っても、少し設定すれば7とほぼ同等の使い勝手にできたので安心しました。

 Windows7まではインストールメディアは光ディスクでしたが、10ではUSBメモリに。
 時代の変化を感じます。

 一つ困ったのが音質向上ソフト。
 これまではSRS Audio Essentialsを使っていて、引き続きこれを使おうと思ったところ、開発が終了していてWindows10版がなく、7のインストーラーを試してみたところ、なんとブルースクリーンが出てクラッシュ!バージョンを重ねるごとに安定感を増しているWindowsの最新版で早速のブルスクに苦笑いでした(汗)

17090302.png

 なかなか代わりのソフトが見付からなかったんですが、やっと見つけたのが、このDFX Audio Enhancer
 SRSのときと同様に音質がクリアになって大満足です。
posted by こうじ at 23:05 | デジガジェ

2017年08月20日

世界陸上ロンドン

 世界陸上、今回も面白かったです。

■ 男子4×100mリレー

 昨年のリオに続き、今回もメダル獲得です!
 予選ではバトンが詰まり気味で、タイムも実力から考えると良くなくて心配でしたが、決勝では改善!
 ボルトが肉るアクシデントがなかったらメダルは取れなかったと思いますが、それでも9秒台を擁するフランス、中国に勝てたのはデカいです!

 イギリスチームは母国開催の大会で優勝、凄いです!

■ 男子200m

 サニブラウンが末續さん以来、14年振りの決勝進出!
 メダルには届かなかったものの、脚を痛めて本調子でない状態で7位入賞は立派!
 100mでも失敗レースでファイナリストを逃してしまいましたが、史上最年少での200m決勝進出!もう世界レベルです。

■ 男子 5000m

 ファラーが10000mを制し、またも2冠達成か・・・と思われましたが、ついに敗れました・・・!
 ロンドン五輪で母国での2冠を達成しているとはいえ、今大会でトラック引退だっただけに悔しかったでしょうね・・・。
 でも、ボルトにしてもそうですが、これまでの実績は偉大ですし色褪せることはありません。


 今大会でサニブラウンが日本人初の100m9秒台を出すかもと思ってたんですが、出なかったですね。
 誰が最初に出すか、まだまだ分からない状態です。

 昨日放送されたNHKスペシャル「9秒台へのカウントダウン」は、日本人による9秒台への挑戦を分かり易くまとめていてとても良い番組でした。
 8月23日(水)の25:00から再放送されるので是非ご覧ください!
posted by こうじ at 22:48 | スポーツ

2017年07月13日

FF12 THE ZODIAC AGE 発売

http://www.jp.square-enix.com/ff12_tza/

 ついにFF12のリマスター版が発売です!

 「静音PC作成」のレポートで記した通り、PS2エミュを通して、FF12の高解像度版をだいぶ前に体験してはいましたが、このときはフルHDにも満たなかったのに対して、今度はPS4Proで4K!エミュではなく正式なリマスターで、アーティファクトはありませんしUIも高精細。AAはもちろん、エフェクトの追加もあります。
 10年前に夢見た世界がついに現実のものとなります。

 そして音楽は何と全曲オケアレンジされ、新曲もいくつか追加!
 公式HPで試聴できるんですが、美しい旋律に、懐かしさも相まって涙が出ました・・・。
 もち、サントラ予約注文済みです。

 85インチの大画面に広がる高精細なサリカ樹林を、あの曲をバックに体験したら絶対泣くわ・・・。



 そして、このプロモーション動画、笑いました(笑)
 当時(というかずっと?(笑))、ネタにされてかわいそうだなぁと思ってたんですが、こうやって自虐ネタで笑い飛ばせるってイイですよね。

 泣いて笑って、ほんと感情を揺さぶられる、特別な作品です。

 FF12が自分にとって特別なのには、もう一つ理由があります。
 それはオリジナルが世に出た当時、この作品を少しでも良い映像で楽しみたいと思ったことがきっかけで、AAフィルタくすのきTVといった映像系プログラミングに打ち込むようになり、現在に至るまでこの分野の仕事で飯を食っているからです。FF12と出会えたからこそ、実にやりがいのあるこのライフワークを得ることができたんです。

 当時とは違い、なかなかRPGのプレイに時間を割けないのですが、上手に時間を作って気長に楽しみたいなぁ、と思います。
 音楽の方は作業用BGMとして聴きまくります!

 スクエニさん、ありがとー!
posted by こうじ at 01:08 | ゲーム

2017年06月29日

陸上 日本選手権 観戦

 陸上の日本選手権、今年は近くの長居で行われたので観戦してきました。

 事前にS席のチケットを購入していたものの、夕方来場したらゴール付近は午前中の時点で満席(汗)

17062901.jpg

 やむ無く、この位置に。
 この位置から陸上を観戦するのは初めてですが、悪くないかも。

17062902.jpg

 200mの予選では、レジェンド末續さんが9年振りに日本選手権に出場!
 モニタに映し出されると、会場中から大きな拍手が沸き起こり、僕も拍手で讃えました。
 2007年の世界陸上大阪のとき、同じ長居で末續さんの200mを生で見て以来ですが、あれからちょうど10年になるんですね。

17062903.jpg

 結果は最下位でしたが、37歳にして21秒50というタイムは驚異的です。

17062904.jpg

 そして注目の100m決勝。
 史上最高レベルと言ってもいいくらいのメンバーが揃う中、18歳のサニブラウンが勝利!
 接地がかなり前方で、グングン推進していく大きな走りが凄いです。
 10秒0台連発で、もう普通に世界レベルでの活躍が視野に入ってますね。

 ビックリしたのが、関西出身の多田が2位を獲ったこと。
 電光掲示板に結果が掲示されると、会場中から歓声が沸き起こりました!
 あのガトリンを唸らせた驚異的なスタートの飛び出しと、高速ピッチがカッコイイです。

 桐生は残念ながら4位と揮わず、個人での世界選手権出場を逃しました。
 4月の織田記念は広島まで観戦しに行ったんですが、桐生は0台で優勝だったので、日本選手権は、同じく好調だった山縣との一騎打ちだろうと踏んでいたのに、山縣は怪我で、桐生はピークを持ってこれず・・・。一方、調子が上がらないように見えていたケンブリッジが自己ベストを更新するほど調子を上げてきて決勝も3位だったりと、ホント分からないものですね・・・。
 日本短距離界悲願の9秒台を、同じ滋賀出身の桐生に最初に出してもらいたい気持ちがありますが、サニブラウンや多田に先越されるかもしれませんね。しかし、何という贅沢な悩み(笑)短距離のレベルが凄まじいことになってます。
posted by こうじ at 00:37 | スポーツ

2017年06月01日

佐藤琢磨がインディ500優勝!

https://www.as-web.jp/overseas/126840?all

17060101.jpg

 世界三大レースの一つであるインディ500で、ついに日本人優勝者が誕生しました!

 優勝した佐藤琢磨は僕がF1に興味を持つきっかけとなったドライバーです。2004年にアメリカGPで3位表彰台を獲得したときに、たまたまテレビで見ていて、日本人が活躍しているから見ようと思ったんです。それだけに、今回の優勝は感慨深いものがあります。
 以前、インディのレースで日本人初優勝を成し遂げたときも凄いなぁと思いましたが、世界三大レースはさらに特別です。

 世界三大レースの日本人優勝、残すはF1モナコGPのみ。
 僕が生きているうちに達成されるでしょうか・・・。
posted by こうじ at 00:26 | スポーツ

2017年04月22日

京都でエリーゼ撮影

17042201.jpg

 以前からの念願だった京都でのエリーゼ撮影に行って参りました。
 美しい車と美しい街。美の競演です。

■ 辰巳大明神

17042202.jpg17042203.jpg

 GT5のフォトモードでも有名な場所です。
 右が昨年、PS3を売る前にGT5でイメトレのために撮影した写真。

 GT5を夢中でプレイしていた2011年頃、まさか同じ場所でリアルフォトモードをすることになるとは夢にも思っていませんでした。

17042204.jpg17042205.jpg

 別アングルから。

17042206.jpg

 前日に、いつもお世話になっているKeePer LABOで洗車&コーティング(耐久期間の1年が経ったので再施工)をしてもらったので、ピッカピカです。

17042207.jpg

 幻想的な光景に息を呑みました・・・。
 京都の景観を作ってきた人たちの圧倒的センス。天才としか言いようがない。

 GT5のフォトモードと同じ満開の桜の下で撮りたいとずっと思っていたのですが、仕事や天気の関係でチャンスは1年で1回か良くて2回くらいと考えられましたし、直前まで開花情報や天気予報と睨めっこでした。満開は4/7(金)あたりからと分かり、人通りが少ないであろう平日の4/10(月)の早朝に狙いを定めたんですが、その直前の週はずっと雨・・・。ところが、なんと4/9〜10は雨が止んで4/11からはまた雨という天気に!
 それだけではありません。もし風が強かったら、桜が揺れるのでシャッター速度を速めなければならず、そうなると早朝の暗い中なのでISO感度を上げなければならず、どうしてもノイジーな写真になってしまいます。しかし、風もほとんどなく、桜はほとんど静止状態!ISO感度最低での長時間シャッターにより、目立ったブレのない高S/Nな写真を撮ることができたんです。神様が居るとしか思えない・・・。

■ 祇園新橋

17042208.jpg17042209.jpg

 辰巳大明神のお隣にある、風情のある通りです。

17042210.jpg

 まるでエリーゼでお店に乗り付けたかのようなシチュエーションです。
 午前4時頃にも関わらず明かりを点けてくれているので、このような非現実的な写真を撮ることができました。本当に有難いです。

■ 花見小路通

 続いて花見小路通へ。
 花見小路通と言えば、風情のあるお店が並んだ光景なんですが、諸事情により望みの写真が撮れず。また機会があれば撮りたいと思います。

17042211.jpg

 その花見小路通の突き当り付近の桜が見事だったのでパシャリ。

■ 嵐山竹林

17042212.jpg

 最後は嵐山の竹林へ。
 ここはGT4のフォトモードで撮影できた場所ですね。

17042213.jpg

 ずっとイメージしていた通りの幻想的な絵が撮れました。
 FF12のサリカ樹林の曲が脳内で自動再生されました(笑)

 月曜の早朝ではありましたが、外国人観光客を中心にけっこう人がいました。
 人通りがなくなった隙を見てエリーゼを通りに入れて撮影開始。でも通りの入口から竹林を撮影している人が何人かおられたので、撮影を速やかに済ませて、すぐに車を退けようと思ったんですが、「すみません、車撮らせてもらってもいいですか?」と言われました(笑)

17042214.jpg

 もちろん快諾し、にわかにエリーゼ撮影会に(笑)
 たしかに、こんな車と竹林のコラボは滅多にないことですもんね。良い題材を共有できてよかったです。

 その後、通りからエリーゼを出した後も、たくさんの観光客の方が写真を撮って行かれるなど大人気。その中にアジア系のご夫婦がおられたんですが、エリーゼの傍でご夫婦が並んだ写真を僕が撮ってあげて、とても喜んでおられて嬉しかったです。
 生まれてこの方、碌に英語を喋ったことがなく、「写真お撮りしましょうか?」と話しかけるのは勇気が要りましたが、2週間後くらいにちょうど仕事で外国人相手に人生初めてのビジネス英語プレゼンをすることになっていたこともあり、いい経験だと思って積極的になれました。大した会話内容ではありませんでしたが、プレゼンのために勉強していたことを総動員したこともあって、ちゃんと意思疎通できました!
 ご夫婦を撮影してあげた後、

 旦那さん「It's mine !(笑)」
 僕「Yes ! Yours ! Yours !(笑)」
 旦那さん「No ! No !(笑)」

 とジョークも交わせて、めっちゃ楽しかったです(笑)
 嫌で嫌でたまらなかった英語ですが、こうやってコミュニケーションができると俄然、学習意欲が湧きますね。その後の仕事での英語プレゼンもうまくいき、英語に対する意識がガラッと変わりました。

 エリーゼがもたらしてくれる新しい世界はドライビング体験だけに止まりません。
posted by こうじ at 11:05 |

2016年10月29日

インフェルノ

http://www.inferno-movie.jp/site/



 ラングドン教授シリーズの最新作です。
 これまでの作品と同様、謎解きをしながら世界の名所を巡っていきますが、今作はジェイソン・ボーンよろしく、教授が記憶喪失になっており、徐々に思い出しながら話が進んでいくところが特徴です。
 「ダヴィンチ・コード」ほどではないですが、話の理解が追い付かないところがあったり(左脳がごっつ弱いんです・・・)、また「天使と悪魔」と比べると盛り上がりに欠けた感もあり、シリーズ最高傑作とは思えませんでしたが、途中で「え!?」っとなるような衝撃的展開があったりして楽しませてもらいました。

 このシリーズでもう一つ楽しみなのが、ハンス・ジマーの音楽です。
 「天使と悪魔」のクライマックスシーンでかかる「Science And Religion」は、個人的にはハンス・ジマーの曲の中でも最高傑作で、何度聴いても感動的で鳥肌が立ちます。「大人の超合金 サターンV」のレポートでサターンVの打ち上げシーンにとてもよくマッチすると書きましたが、人類の英知を表現したような曲だと感じます。
 本作では「Science And Religion」に匹敵するような曲はなかったものの、そのアレンジ曲「Beauty Awakens the Soul to Act」が使われていて、前半の静かな部分はほとんど同じで、クライマックス部が何とも物悲しい曲調にアレンジされていました。劇中のシーンともよくマッチしていて、自分の中にある懐しさや悲しさが増幅されるようで込み上げてくるものがありました。
 もちサントラ購入しました。

 クライマックスシーンで流れる「The Cistern」も凄くイイです。「インセプション」の「Don't Think About Elephants」に並ぶ、活劇シーンの名曲だと思います。この曲聴きながらドライブしたら、映画の中にいるみたいに感じました!
posted by こうじ at 23:55 | 映像作品

2016年09月07日

フットライト取り付け

 エリーゼのレビューにて、地元の親友の軽トラで運転の練習をさせてもらったことについて書きましたが、その軽トラにはフットライトが彼の手で取り付けられており、凄くカッコよくて、いつか自分のエリーゼにも取り付けたいなぁ、と思っていました。
 最近、夜のドライブで足下の雰囲気が物足りず、フットライトを付けたい気持ちが強くなってきたので、いよいよ決行することにしました。

 最初は、お世話になっているオートプレステージさんに完成品を取り付けてもらおうかと考えたのですが、LEDの取り付け位置や個数に試行錯誤が必要になるかもしれず、できたら自分で付けたいと思い、調べてみたら自分でも何とかできそうだったので、やってみることにしました。

16090701.jpg

 オートバックスでエーモンのDIYパーツを購入。
 結局使わなかったものもありましたが、使ったものは以下の通り。

【A49】検電テスター
【1452】電工ペンチ
【2836】フリータイプヒューズ電源(平型)
【M274】クワ型端子セット (調光ユニットのアース線に取り付け)
【1850】調光ユニット
【1168】圧着接続端子 (調光ユニットとLEDの接続に使用)
【1827】3連フラットLED(白) × 2
【1829】LEDレンズカバー(3連フラットLED用) × 2

16090702.jpg

 こんな感じに組み上げました。

16090703.jpg

 電源はダッシュボード下にあるヒューズホルダーからACC電源を取り出します。
 どのヒューズから取り出すかですが、購入したヒューズ電源の対応ヒューズが5〜20Aということで、5Aと20Aはギリギリで抵抗があるので、残りの中でより小さな電流値の7.5Aから取り出すことにしました。(オーディオのヘッドユニットに繋がってました)

16090704.jpg

 こんな感じに取り付けました。
 無事光ってホッとしました。

16090705.jpg

 フットライトがないとき・・・(551の肉まん風)

16090706.jpg

 フットライトがあるとき〜♪(551の肉まん風)

16090707.jpg

 調光もできます。

16090708.jpg

 シートに座ったとき、足下はこんな感じで照らされます。

 配光バッチリ!
 理想通りの雰囲気にできました。

16090709.jpg

 これからのナイトクルージングが楽しみです♪
posted by こうじ at 23:57 |

2016年05月30日

エンド・オブ・キングダム

http://end-of-kingdom.com/



 エンド・オブ・ホワイトハウスの続編です。
 今度はロンドンで主要国の首脳が多数狙われます。

 先日、伊勢志摩サミットがあったばかりですが、映画みたいにならなくて良かったですね。
 そのときは仕事で名古屋にいましたが、高速道路が閉鎖されて思わぬ回り道をすることになりました。凄い警備体制でしたね。

 作品について、まず日本の首相の扱いがぞんざいで笑いました(笑)
 イタリアの首相も割とヒドかったです(笑)

 さすがアメリカ合衆国大統領の扱いは別格。
 予告映像でもあるように、護衛のヘリが身を盾にしてミサイルから大統領機を護ります。
 その指令を受け、然も当然のように「了解」と答えるパイロットに鳥肌。こういう人間こそが大統領の、そして国の威厳を高めるのだと思いました。

 そして今回も主人公バニングの、一瞬どちらが敵だったか忘れてしまうほどの容赦のなさっぷりは健在です(笑)

 大統領「殺す必要はあったのか?」
 バニング「いいえ(真顔)」 ← (笑)

 あと、終盤に敵のアジトに乗り込むときの銃撃戦はゼログラビティを彷彿させるような長回しで、凄い臨場感でした。FPS好きにはたまらないと思います。
posted by こうじ at 22:34 | 映像作品

2015年12月03日

御堂筋ワンダーストリート

15120301.jpg

 先日、大阪の御堂筋を通行止めにしてイベントが開催されました。
 色々な催しがあったのですが、一番の注目はF1マシンの公道走行です!

15120302.jpg15120303.jpg

15120304.jpg15120305.jpg

 生まれて初めて生で見るF1マシンに感激!
 しかも公道走行とか熱すぎる・・・!

 マシンは2003年にミハエル・シューマッハがワールドチャンピオンを獲得したときのF2003-GA。様々な制限で音が大人しくなった今のマシンとは違う凄まじい爆音を御堂筋中に響かせました。
 加速と振動でヘルメットがガタガタと揺れるところにも迫力を感じました。
 やっぱ生はちゃうわ。

 ドライバーは、日本人で初めて世界三大レースすべてに参戦した中野信治氏。
 大阪のご出身だったんですね。

 ステージでは橋下市長が「大阪でF1の公道レースをやるべき」と発言されたそうです。
 F1大阪グランプリ、是非実現してもらいたいですね。
posted by こうじ at 22:13 | スポーツ